銀行の事業融資 運転資金借入の審査

福岡中央銀行ビジネスローンで運転資金借入の資金繰り

福岡中央銀行の融資借入で運転資金の資金繰りを検討する

福中銀 事業応援ローン

福岡中央銀行が提供する融資のメインプランは「福中銀 事業応援ローン」です。

利用条件は法人であれば3年以上事業を営んでいる人、個人事業主であれば2年以上事業を営んでいる人となります。また法人は3期分の決算書、個人事業主は2期分の確定申告書(貸借対照表がある場合は3期分)が必要です。

融資の用途は運転資金、設備資金の「事業性資金」です。借入可能金額は100万円~1,000万円で、単位は10万円です。取引期間は3年もしくは5年で、審査によって銀行の方が決定します。

金利は固定制で、これも審査で決まります。返済方式は毎月元金均等返済が採用されています。

担保は不要、保証人は法人に限り代表者を用意します(個人事業主は不要)。また取扱い手数料として税込16,200円がかかります。

必要書類についてですが、決算書、確定申告書の他、設備資金に充てる場合、その用途の内容がわかるもの、本人確認書類、預金通帳、すでに借りているローンの内容がわかるものがあげられます。

ちなみにこれら以外の書類も状況によって提出する可能性があります。

TKC提携福中銀事業応援ローン

他にもTKC(税理士・会計士のネットワーク))提携の事業性ローンがあります。商品名は「TKC提携福中銀事業応援ローン」です。

これを利用できるのはTKC福岡支部、北九州支部会員が関与しており、さらにTKCシステム利用の事業所である場合です。

それから法人であれば3年以上事業を営んでおり、3期分の決算書の提出が可能なこと、個人事業主であれば2年以上事業を営んでおり、2期分の確定申告書の提出が可能なことが条件となります。

TKC提携福中銀事業応援ローンの基本的な取引条件は「福中銀 事業応援ローン」とほとんど同じですが、もちろんこのローンにしかないメリットもあります。

それはTCKにおける支援ツールを利用していると、金利を引き下げてくれることです。金利がお得な分、経済的に資金を調達することができます。

スモールビジネスローン

個人事業主の場合は「スモールビジネスローン」というプランで資金繰りをすることもできます。

詳しい条件についてですが、満20歳~65歳、2年以上の事業継続、1期以上の確定申告、1年以上の預金口座開設、給与による収入なし、株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けても問題ないという個人事業主が利用できます。

借りられる金額は50万円~300万円で、単位は1万円です。ただし、白色申告の場合は200万円が上限となります。

取引期間は6ヶ月~5年、金利は固定制で13.50%、担保・保証人は不要です。保証料は最初から金利の中に含まれています。

 

このページの金利や限度額は記事執筆時の情報で古いため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

-銀行の事業融資 運転資金借入の審査