銀行の事業融資 運転資金借入の審査

南日本銀行ビジネスローンで運転資金借入の資金繰り

南日本銀行で運転資金繰りに利用できる融資借入

なんぎん事業者ローン ビジネススピード

南日本銀?のメイン融資プランは「なんぎん事業者ローン ビジネススピード」です。

このプランが利用できるのは事業を2年以上継続しており、保証会社の保証を利用できる法人・個人事業主です。金利は14.6%で、そのうち8.0%は保証料の分となります。資金用途は事業資金です。

貸付タイプは証書貸付、カードローンの2つがあり、それぞれ貸付条件が異なります。証書貸付の方であれば、借入可能金額は50万円~500万円で、単位は10万円、取引期間は5年以内、返済方式は元利均等分割返済です。

カードローンの方であれば、借りられる金額は50万円、100万円、200万円のいずれかで取引期間は1年ごとに更新されます。

返済方式は約定返済方式で、支払う額は借りた額が50万円であれば元金1万円、100万円であれば元金2万円、200万円であれば元金3万円と決まっています。以上が証書貸付、カードローン契約の違いです。

担保は不要で、保証人は法人であれば代表者となり、個人事業主の場合は不要です。保証会社はアイフル株式会社(東証一部上場)です。

申し込みに必要な書類は、法人であれば商業登記簿謄本、印鑑証明書、運転免許証・印鑑証明書、決算書直近2期分で、個人であれば運転免許証・印鑑証明書、確定申告書直近2期分です。

事業用車両担保ローン

他にも「ロング・ラン」という名前の事業用車両担保ローンを資金繰りに利用できます。

このプランを利用できるのは1年以上事業を行っている法人・個人事業主です。借りられる金額は100万円以上で、単位は1万円です。資金用途は車両購入資金、それから運転資金・設備資金等の事業資金となります。

金利は銀行所定のものがかかり、取引期間は7年1ヶ月以内で、返済回数は84回を超えないようにします。返済方式は元金均等分割返済方式を採用しています。

担保はオリックス自動車株式会社が対応している車両を設定します。ちなみにこの車両は新しく購入するものでも、すでに購入しているものでもOKです。

保証人は法人であれば代表者、個人事業主であれば不要です。保証料は3%以内で、オリックス自動車株式会社所定のものがかかります。

「ロング・ラン」の申し込みの流れについてですが、まず顧客が南日本銀?に申し込みをします。申し込み受付後、銀行がオリックス自動車株式会社に保証を依頼します。

すると保証のための審査が行われ、顧客がその審査に通過すれば、オリックス自動車株式会社と保証委託契約を結べるようになります。

そして契約後、車両を担保に設定することで、いよいよ銀行からの融資が始まるという流れです。この取引で重要なのは審査に通るか否かというところでしょう。

 

このページの金利や限度額は記事執筆時の情報で古いため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

-銀行の事業融資 運転資金借入の審査