信用金庫の事業融資 運転資金借入の審査

宮古信用金庫ビジネスローンで運転資金借入の資金繰り

宮古信用金庫は1901年創業、岩手県宮古市に本店を置きます。1993年には経営破たんをした釜石信用金庫から大渡支店の譲渡を受けています。

2010年代に入って一時期経営不振が話題になりましたが現在ではその改善に向けての取り組みが行われているところです。店舗数は6店(2018年5月現在)。

地域復興支援融資「みやしん絆」

この商品は運転資金借入はもちろん、広く事業の資金繰りに利用できるもので、当信用金庫の営業エリア内において1年以上同一事業を営む法人・個人事業主が利用可能です。限度額は300万円以内で用途は運転資金・設備資金。

理由期間は手形貸付方式で1年以内、証書貸付方式では5年以内(1年以内の据え置き期間)。

担保は原則不要、保証人は法人が原則として代表者、個人事業主は1名が求められます。なお金利は変動金利が適用されますが、期間1年間の間は固定金利となっているのが大きな特徴です。

スモールビジネスローン

使い勝手がよく、迅速な対応で資金繰りに役立てることができるのがこの商品です。

個人事業主を対象としたもので申し込み時の年齢が満20歳以上満65歳以下であること、当信用金庫の営業エリア内で2年以上の業歴と1期以上の確定申告を済ませていること、さらに当信用金庫との預金口座取引が1年以上経過していることが利用条件となっています。

利用額は300万円以内で用途は事業に必要な運転資金・設備資金。他の金融機関からの借入れを借り換える資金としても利用できます。

利用機関は5年以内。金利が固定金利となっているのが特徴で年12.50パーセントで設定されます。担保・保証人ともに不要です。

しんきんプログレス

こちらは岩手県信用保証協会保証によりスコアリング審査に基づいて融資が行われる商品です。

法人の場合は当信用金庫との融資取引が6ヶ月以上か未満かによって利用条件が異なってくるので詳細を確認しておきましょう。

限度額は1000万円もしくは平均月商の3ヵ月分のいずれか少ない額、個人事業主は500万円もしくは平均月商の平均月商の3ヵ月分のいずれか少ない額となります。

用途は運転資金(借り換えや商品用不動産購入資金は除く)・設備資金(土地・建物取得資金は除く)。

利用機関は運転資金が5年以内(6ヶ月以内の据え置き期間)、設備資金が10年以内(1年以内の据え置き期間)。担保は不要です。保証人は個人事業主が原則不要、法人は代表者となります。

事業向けサービス

事業者を対象にしたサービスでは「みやしんNext」がまず挙げられます。

これは若手経営者や後継者の育成と事業振興を目的としたもので、各種セミナー、勉強会、経営者同士が交流を図る懇親会などの開催を行っています。

そのほか事務の効率化に役立つ各種インターネットバンキング、販路拡大・新規取引先獲得のためのビジネスマッチングといったサービスも充実しています。

 

このページの金利や限度額は記事執筆時(2018.05~06前後)の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

 

 

記事番号 30

-信用金庫の事業融資 運転資金借入の審査