ノンバンクの事業者ローン融資 ビジネスローン借入

運転資金の融資(ノンバンク 無担保ローン 事業者ローン)

運転資金の融資を受けるために考えておきたいこと

運転資金の融資を受ける為に必要なことは、実行可能な返済計画を立てることと、自分に合った金融機関を選ぶことです。現在の収入と必要な支出の額を把握することが、確実な返済に必要なことです。

月収はいくらか、またボーナスで返済可能なのか、そして何年で返済終了に至るのか確認しましょう。基礎的なことではありますが、案外、急ぎで運転資金融資の手続きを取っている時は忘れがちですので気をつけてください。

トラブルなくキャッシングを利用するためにも、借り入れの時点で返済の計画を立て確実に返済をしていきましょう。また、金融会社についても十分検討してください。個人融資の金融商品がある会社にも色々あり、銀行やサラ金と呼ばれるところまでそれぞれ条件も違います。確実に返済を済ませるためにも、そして確実に運転資金の融資を受けるためにも、金融機関選びは重要です。

利息や月々の返済額がどのくらいになるのかよく考え、そしてボーナスや臨時収入を使っての返済をするかについても検討しましょう。確実に融資をしてくれそうな金融機関の場合、利息や延滞金が高額になることもあります。どのような条件での融資なのか、お金を借りる前に念入りにチェックする必要があるでしょう。

キャッシングによる運転資金の融資に関わる悩み事は、無料の法律相談や消費者センターに頼るという選択肢もあります。とかくお金が絡んでしまうと、人は視野が狭くなりがちです。急がば回れ、特に余裕が無い場合にこそ熟考して頂きたいと思います。確実な運転資金の融資は確実な返済があってこそ成り立つものだということを肝に銘じておきましょう。

 

運転資金の融資に使える無担保ローン

企業や個人が運転資金の融資を受ける際、通常は普段から取引のある銀行に融資をお願いすることになります。また、政府系金融機関や信金を頼るという場合もあるかと思いますが、どちらにしても事業計画書の提出や資金の使途の細かなヒアリングなどを受けなければならず、大変な手間がかかることになります。また、手続きがなかなか進まずに審査だけで2カ月程度も時間がかかることも珍しくはないと言われています。

かなり大きなまとまった運転資金で、時間的な余裕が持てる場合にはこうした公的資金や取引のある銀行からの融資を気長に待つこともできるかもしれませんが、こうした大きな融資までのつなぎに事業資金がどうしても必要になる場合はたくさんあります。そんなときのために、運転資金の融資を受けることができる金融機関をきちんと確保しておかなければ、いざというときに会社の事業を良い環境・状況のままで継続していくことはできません。

では、どういうところから運転資金を借りることができるのでしょうか。じつは、事業の運転資金に融資をしてくれる金融機関は意外とたくさんあります。事業系融資を専門に扱っている「アイフルビジネスファイナンス」などはその代表格。

この「アイフルビジネスファイナンス」のビジネスローンなら、融資額は最大1,000万円で金利はビジネスローンなら3.10%~18.0%、カードローンなら5.00%~18.0%という条件で、無担保で運転資金を借り入れることができます。

無担保で借りることができる運転資金があれば、事業のいざというときに備えることができます。運転資金の備えとして、無担保ローンを覚えておくと良いのではないでしょうか。

 

ノンバンクからできるだけ安い金利で融資

銀行以外の金融機関のことを「ノンバンク」と総称します。銀行とノンバンク、どちらも融資をしてくれる事に変わりはありませんが、では何が違うのでしょうか?それは、それぞれ融資をする際のお金の出所にあります。銀行が融資をする際に使うお金は、預金として集めたお金です。つまり、人のお金を貸す訳ですから、確実に回収できないと困るんですね。

なので、銀行からの融資を受けるには、まるで石橋を叩いて渡るかのような慎重で時間のかかる審査を通らなくてはならないのです。これは、融資先が個人であろうと企業であろうと変わりはありません。企業ならば、財務状況などをじっくりと調べられ、その上担保も必要となる場合があります。個人の場合は、安定した一定以上の収入があるかどうかを調査されます。でも、そんな厳しい審査を晴れてクリアした際には、それなりの額の融資を、低い金利で受けることができるようになります。これに対しノンバンクは、案外すんなり審査が終わり、そこそこの金額を融資してくれますが、やっぱり金利は高いです。

要するに、早くて簡単な代わりに高い金利を支払わなくてはならない訳ですが、もしノンバンクからの融資を受ける際は、その中でもできるだけ金利の安いところから借りるようにしましょう。そして、銀行からの融資とノンバンクからの融資を、状況に応じて上手く使い分けるといいでしょう。基本的には銀行からの融資を利用し、どうしてもそれ以上の融資が必要になったり、緊急を要する場合のみ、ノンバンクを利用するのが、一番リスクの低い利用方法ではないでしょうか。

 

運転資金を無担保ローンで借り入れる

事業を円滑に進めていくために必要な運転資金。この資金繰りがうまくいかなくなると、事業自体も立ち行かなくなってしまうことから、事業の難しさは資金繰りの難しさにある、とも言われています。通常、運転資金の融資は普段からお付き合いのある銀行を通して受ける場合が多いかと思われますが、中には時間や手間のかかる銀行からの融資では間に合わず、消費者金融などから個人的にお金を借りてそれを運転資金に充てるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、消費者金融などでは総量規制の導入によって年収の3分の1を超える金額の借り入れができないという事態になっている今、資金繰りに頭を悩ませている方が多いのも事実です。それなら、消費者金融などではなく事業資金の融資を専門とするノンバンク系の無担保ローンを利用するという手もあります。じつは事業性資金は総量規制の対象外。そのため、個人事業主の方ですでに消費者金融などで借入のある方であっても、ノンバンク系の事業資金を専門とする金融機関であれば、あらたに運転資金を借り入れられる可能性があるのです。

こうした事業向けの無担保ローンを専門に扱っているのは、ビジネスローンの「オーナーズセレクトカード」や「アイフルビジネスファイナンス」など。法人・個人事業主の「頼れるパートナー」として資金面から事業をサポートしてくれる心強い存在です。こうしたノンバンク系の金融機関であれば、申し込みから融資までがスピーディで借入は無担保。とても便利に使いこなせるので、銀行の融資を受けるまでのつなぎ融資に利用するなど、事業主にはいざという時に頼れる存在になってくれます。

無担保で運転資金を借りることができるところを一つ見つけておけば、いざという時でも安心。事業主の方には「オーナーズセレクト」や「アイフルビジネスファイナンス」がおすすめです!

 

運転資金を事業者ローンで借りた後は

運転資金を事業者ローンで借りた後は、当然ながら返済をしなければなりません。事業者ローンの返済方法は、業者によっても違いますが、おおむね5種類のものがあり「元利金等返済」「元金均等返済」「アドオン返済」「リボルビング返済」「残高スライド返済」があります。

元利均等返済は、毎月の返済額を一定にする方法です。返済する金額全体に占める利息の割合が初めのうちは多く、後になるにつれて元金の割合が多くなっていきます。元金部分の返済が後回しになりますので、元金均等返済に比べると、支払う利息の総額は多くなります。

元金均等返済は、一定額の元金を返済すると共に、借入残高に対する利息を返済していく方法です。元金が確実に減っていきますが、返済の初めの負担が大きいです。資金繰りが苦しいために、事業者ローンを利用するという人が多いでしょうから、当初の重い負担に耐えられるのかどうかは、考える必要があります。

アドオン返済は、元金に利率をかけた返済総額を求め、返済回数で割った金額を毎月返済する方法です。リボルビング返済(リボ払い)は、毎月の返済額を一定にでき、借入がいくらであっても返済金額は一定という方法です。ただし、返済総額や返済が終了する期間などが、わかりにくくなるデメリットがあります。残高スライド返済は、借入残高に応じて月々の返済金額がスライドしていく返済方式のことです。

運転資金を事業者ローンで借りる際には、資金繰り表などを用意しましょう。返済方法は「どれが一番優れている」ということではなく、事業の資金繰りなどを考えながら、合う方法を選ぶことが大事なので、資金繰り表をもとに考えていくことが大事なのです。

急ぎ至急の資金繰り融資に対応!事業資金 運転資金を早く借りたい人へ

アイフルビジネスファイナンス

東証一部上場アイフルのグループ会社で安心
1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み

  1. 最短で即日融資
    (申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
実質年率 限度額 担保・保証人
3.10%~18.0%
1,000万円
不要
アイフルビジネスファイナンス >> 続きを読む

 

ジャパンネット銀行ビジネスローン

ビジネスアカウントを持っていれば審査が早い
申込時に必要書類が少ないので申込がラク

  1. 個人事業主向けビジネスローンは必要書類なし
  2. 法人向けビジネスローンはメールで決算書を提出
  3. WEB上で契約後すぐに利用開始
  4. 即日融資は難しいのが難点
実質年率 限度額 担保・保証人
4.8%~13.8%
500万円
【個人】不要
【法人】代表者の連帯保証が必要

 

ジャパンネット銀行
ビジネスローン >> 続きを読む

 

資金調達プロ ※借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できるのが「ファクタリングの資金調達プロ」の最大の特徴です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人だけでなく、自営業・個人事業主でも申込が可能
  5. ファクタリング業者は街金レベルのところも多いが、
    「資金調達プロ」の運営元:株式会社セレスは、東証一部上場企業なので安心感が違う!

 

資金調達プロ >> 続きを読む

 

 

クラウドファクタリングOLTA(オルタ)

OLTAはメガバンクや大手ベンチャキャピタル等がパートナーとなるフィンテック企業です。

  1. 最短24時間で現金化
  2. 全ての手続きがネットで完結
  3. 手数料が安い
  4. クラウド会計ソフトfreeeに連携あり
  5. 使い続けると取引条件が優遇される
  6. OLTA(オルタ)は、コンプライアンス(法令遵守)が最も強く求められるメガバンク(大手都市銀行)が連携パートナー企業という安心感が抜群。

↓動画で内容を確認(音声出ません)

 

クラウドファクタリング【OLTA(オルタ)】の
特集ページ >> 続きを読む(連携パートナー企業の確認も)

 

事業主向けの上記2社とは対象者が異なりますが、フリーランス向けなら下記のフリーナンス

フリーランス向け!フリーナンスの請求書買取で即日払い

フリーナンスは、大手ITのGMOインターネット株式会社が提供するサービスです。

フリーランスや個人事業主で資金繰りにお困りの方にはおすすめできるので、特集ページを読んでみてください >> フリーナンスの即日払い審査!フリーランス・個人事業主に評判の口座借入と保険のサービス徹底解説

 

個人の与信で借りたい方向けカードローン

少しでも低い金利で借りるための確認用 >> 1番安い低金利キャッシングのカードローン比較

 

-ノンバンクの事業者ローン融資 ビジネスローン借入

Copyright© 運転資金借入に信金ビジネスローン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.